ネキシウム20mg

2019.07.29 Monday 21:13
0

    ネキシウム20mg

    ネキシウム20mg


    ネキシウムは、プロトンポンプと呼ばれる胃酸分泌の働きを抑制する治療薬で、プロトンポンプ阻害薬という名称で知られています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、ゾリンジャー・エリソン症候群などのほか、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎における除菌に際しても使用されています。

    胃液が酸性に変わり、生成される働きに関与しているのが、プロトンポンプと呼ばれる酵素です。この酵素は、胃液の中の水素イオン(プロトン)をポンプのような働きで胃の中に汲み出し、胃腔内の塩素イオンと結合させます。このため、胃液の中の水素イオンの濃度が高ければ高いほど胃液の酸性度も高くなるのです。ネキシウムは、胃液を酸性に変化させる過程を阻害し、胃酸の分泌を減少させる治療薬です。有効成分であるエソメプラゾールマグネシウムがプロトンポンプ酵素に結びつき、その働きを不活性化させるため、胃壁から送り出される水素イオンの生成が減少し、胃酸の生成も抑制されることになります。

    こうした胃酸分泌のバランスの不均衡を原因とする胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などはまた、ピロリ菌などの関与にも大きく影響を受けています。エソメプラゾールは、胃酸分泌を抑制し、胃内のpHを上昇させる働きがあるため、胃粘液層に棲息するピロリ菌を増殖期に移行させる作用があります。その結果、抗生物質への感受性が亢進すると同時に、クラリスロマイシンの活性と胃粘膜層濃度の上昇が起こるため、ピロリ菌除菌のための補助薬としても用いられています。

    ネキシウム20mg

    category:消化器疾患 | by:comments(0) | -

    PR
    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM