プラミロール0.125mg

2019.05.20 Monday 22:51
0

    プラミロール0.125mg


    プラミロール0.125mg


    プラミロールの有効成分は塩酸プラミペキソールです。パーキンソン病では脳内のドパミン系の神経の働きが悪くなり、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるといった症状がでてきますが、塩酸プラミペキソールはドパミン受容体を刺激することで症状を改善します。

    また、むずむず脚症候群(レストレスレッグ、RLS)にも使用します。むずむず脚症候群は、主に夕方から夜にかけて脚に不快な感覚が現れて脚を動かさずにはいられなくなり、不眠にもなる症状です。むずむず脚症候群もドパミンの機能の低下が関係していると考えられています。

    プラミロール0.125mg

    category:パーキンソン病 | by:comments(0) | -

    PR
    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM